家事をし“ながら”理想の体に!!「ながら運動」エクササイズ3選

ながら運動 運動

「ダイエットのために運動をしたいけど、時間がない…」

「子どもがいるから外に出てウォーキングしたりするのは無理!」

何か運動をしたいと思っていても、実際は家事に育児と、運動は二の次三の次になりがちです。

できれば、家事の合間に効果的に行える運動があれば、一石二鳥ですよね?

そこで今回は、毎日忙しい主婦のみなさんにオススメしたい、家事をしながらできるエクササイズを効果があるパーツ別に3つご紹介致します!

上半身”に効く!「立ち腕立て伏せ」

1つ目は、料理のスキマ時間や、洗い物が終わってひと段落したあとなど、キッチンでもできる「立ち腕立て伏せ」をご紹介します。

「立ち腕立て伏せ」は、二の腕のお肉が気になる方にとてもオススメ。

立ち腕立て伏せのやりかた
  1. シンクから2歩分離れて立ちます。このとき、背筋を伸ばしお腹をへこませることを意識し、あごを少しひきます。
  2. 足は肩幅より少し広めに開いて立ちましょう。
  3. 両手を肩幅より広く開き、シンクのふちを持ちます。
  4. 反動をつけずに、ゆっくり4秒かけてひじをまげます。
  5. 同じように、ゆっくり4秒かけてもとの体勢に戻します。
  6. これを15回程度繰り返します。

手と手の間を狭くすればするほど強度が上がり、二の腕の裏側の引き締めに効果があります。

普通の腕立て伏せよりも負担がかからないので、「普通の腕立て伏せはキツイ…」という方でも簡単に行えるエクササイズです。

カメ丸
まわりに包丁など危険なものがないか確かめてから行いましょう

“お腹”に効く!「ウエストねじりエクササイズ」

2つ目は、洗濯物を畳みながらできる「ウエストねじりエクササイズ」です。

ウエストねじりエクササイズのやりかた
  1. 畳む洗濯物をまとめて床に置き、正面に正座します。
  2. 洗濯物を畳む作業はいつもどおりでOK。
  3. 畳んだ洗濯物を両手で持ち、自分を囲むように右・左・後ろに分けて山をつくります。

このとき、大きく上半身をねじることを意識しましょう。

このねじる運動によって、お腹周りの筋肉が刺激され、ウエストの引き締めに効果があります。

運動において、正しい姿勢を意識することはとても大切です。

この「ウエストねじり運動」を行うときも、しっかり背筋を伸ばすことを意識しながら行うことで、より大きな効果が期待できるでしょう。

“下半身”に効く!「洗濯物干しスクワット」

最後にご紹介するのは、悩んでいる方の多い“下半身”に効くながら運動です。

洗濯物の干し方を少し変えるだけで、“ただの家事”から“痩せる家事”に大変身!

太ももやお尻のたるみが気になる方にはうってつけのエクササイズです。

洗濯物干しスクワットのやり方
  1. 洗濯かごは、自分が立つ位置より少し後ろに置き、台などに置かず地面に置きましょう。
  2. 背筋を伸ばし、お腹をへこませて立ちます。
  3. 片足を半歩前に出し、背筋を伸ばしたまま腰を落として上体をねじり、洗濯物を両手で一枚掴んで立ち上がります。
  4. 洗濯物を干すときは、背筋を伸ばして足の筋肉を伸ばすように意識しましょう。
  5. ③で出す足を交互に変えて、繰り返しましょう。

この運動は、おしり・ふとももの筋肉や、わき腹の筋肉を刺激して引き締める効果があります。

ただ洗濯するだけではないので、初めは違和感を感じるかもしれませんが、エクササイズに慣れてしまえば意識しなくてもできるようになりますよ。

カメ丸
洗濯物を干すとき以外にも、部屋の中の床掃除でも応用することができますね。

まとめ

海 ばんざい

今回は、簡単で始めやすく、家事をし“ながら”できるエクササイズ“ながら運動”を3つご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

家事をし“ながら”というのは、行動するチャンスが多いため、習慣にしやすいのが特徴です。

あなたも「ながら運動のエクササイズ」で、引き締まったウエストや二の腕、太ももの間に理想のスキマを手に入れませんか?