1日のスタートは朝の運動から!おすすめの運動やその注意点などを紹介!

朝におススメの運動法 運動

朝運動を始めるとき、「どんな運動をすればいいの」と思われる方も多いのではないでしょうか。

朝の運動にはいろいろなメリットがありますが、自分に合った時間や自分に適した方法でないと、せっかくの行動も挫折しやすくなります。

そこで今回は、朝におすすめな運動法についてご紹介します。

朝におすすめな運動方法とは?

朝から早起きをしてハードな運動をすることは、「考えただけでも辛い」と思われる方がほとんどなのではないでしょうか。

その通りで、体がしっかりと目覚めていない朝に、激しい運動はするのはおススメできません。

まずは、朝運動をすることを習慣づけるためにも、ゆるやかな運動から始めてみましょう。

朝ウォーキング

普段、運動をする習慣があまりない方にもおすすめなのが、ウォーキングです。

運動靴があればすぐに始めることができますし、朝の新鮮な空気を吸いながら散歩するのはすがすがしい気分にさせてくれるものです。

また、朝日をしっかりと浴びることで、体内時計を整えることに繋がります。

ウォーキングに限ったことではありませんが、朝の運動は精神的にも良い効果が得られるんですね。

カメ丸
朝日を浴びることはとても大切なことなので、朝の空気を吸いに外に出るだけでも、その日1日のスタートダッシュが切れますよ。

ラジオ体操

朝に行う運動としてラジオ体操もおすすめです。

町内会や学校の授業で、ラジオ体操をしたことがある方がほとんどでしょう。

自宅にちょっとした庭があれば、日の光を浴びながら行うこともできますし、もちろん室内で行うことも可能です。

正しい方法で行うと、ウォーキングと同じくらいのエネルギーを消費します。

現在では、ラジオ体操は第2番までが一般的ですが、過去には第3番まであったみたいなので、この機会に、本格的なラジオ体操に挑戦してみてはどうでしょうか。

ストレッチ

ストレッチにも脂肪を燃焼させる効果があります。

消費カロリーはウォーキングなどに比べてそれほど多くはありませんが、ゆっくりと深呼吸をしながら体を伸ばしていくことで、体温が上昇し、基礎代謝を上げることにつながります

場所を選ばずにできる運動なので、朝の家事に忙しい主婦の方にもおすすめですね。

ランニング

有酸素運動の代表格といえば、消費カロリーや健康効果も高いランニングでしょう。

消費カロリーも他の運動と比べてみてもはるかに高く、汗によって毒素を吐き出すデトックス効果も一番期待することができます。

しかし、運動に慣れていない人がいきなりランニングを行うのはおすすめできません。

消費カロリーが高いということは、その分、体への負担も大きいということです。

無茶をして、ヒザを痛めてしまわないように、ウォーキングから徐々に始めていってください。

必ずウォーミングアップを行いましょう。

準備をすることはとても大切です。朝は体温も下がっていますし、筋肉も硬くなっているので、いきなり運動を始めると怪我のリスクも高くなってしまいます。

普段よりもていねいにウォーミングアップを行い、体を温めてから運動を始めましょう。

朝食と運動、どちらが先?

朝に運動を行うようになると、気になってくるのが「朝食後に運動を行うべきか」「運動後に朝食を食べるべきか」ということですね。

先に言うと、朝に運動を行う時には朝食の前に行うのがおすすめです。

朝食を食べた後は、消化活動に忙しくなるため、体を動かすのに重く感じられるはずです。

とは言え、起きてすぐは体が低血糖状態で水分も不足しているので、このときに激しい運動を行うのはとても危険。

身体への負担を小さくするために、運動前にバナナなどの軽食を取っておくことが大切です。

カメ丸
合わせて水分補給も忘れないように行いましょう。

まとめ

サイクリング

朝におすすめの運動とその方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

朝に運動をすることは、健康やダイエットにもメリットが多いですが、何事も無理は禁物です。

何度も言いますが、運動に慣れていない人がいきなり激しい運動を行うのは、とても危険です。

朝起きたら、水分補給と軽食、それからウォーミングアップをして、軽いウォーキング、という流れで運動を始めていくのがいいでしょう。